月間MVP途中経過

2018年度から始まった月刊MVP制度。途中経過はこのページでご覧ください。(順次追記しています) 3月はOPAニューフェイス茶谷さん。ロッド、リールを新調して挑んでの初参戦。今後の活躍と期待をこめました。おめでとうごさいます! 4月例会のMVPは、マダイ釣果が同数タイであり、おそらく最も多くのヒットパターンを試し、最も遠くからお越し頂いた石毛さんに決定しました 5月は本命に会うことはできませんでしたが、かろうじてブラックバスを釣った崎田幹事。 6月MVPは東京から車で駆けつけてくれた石毛さん。釣りにかける情熱w 7月はカツオ、マダイ、タチウオと旨い魚オンパレードの安東さん 8月はたった3名の参加の中、厳しいながらもマイカ8ハイで竿頭の北村 9月はルアーにこだわって、しかも最初に本命のアコウを釣り上げた黒田さん

続きを読む

2018年9月例会 ・・・ 敦賀 アコウ&根魚

9月例会は敦賀でのアコウ狙い。 9月8日(土) 船はおなじみの「遊幸丸」敦賀漁協対岸の港から出船。メンバーは黒田・笹井両顧問・加藤部長・チャーさん・幹事のSampeiと友人のしんのすけさん。 朝5時半集合。深夜の走行はこわいくらいの大雨で、実施もあやぶまれる状態。船長を待ち、「出られる?」と聞いたら「出るよ」と即答。それでもまだ半信半疑。 しかし、出船時刻には雨もほぼやみ、波も落ち着いてきた。一同ホッとして出航!! まずは近場の浅いポイントで餌の豆アジ釣り。「これが一番難しいんや」が船長の持論。とにかく最初の1尾が喰わないと始まらない。 豆アジ用のサビキは波止釣りで使う一番小さいもの。アミエビを使うのでピンクスキンが相性がいい。カゴは蓋の付いたタイプがおすすめです。 で、最初の1尾はなんと新人のチャーさんに!喰いだしたらあとは手返しが肝心。アジを弱らせないように生簀に放り込んでいく。 ルアーにこだわる黒田老師はワームを使って最初からアコウ狙い。それでちゃんと本命ゲット。豆アジポイントでこれは流石リュウセキながれいし!! (ノ^^)八(^^ )ノ ヤンヤヤンヤ 皆が豆アジと戯れている中、黒田老師の獲物。ワーム炸裂です。 3、40分で一人平均30尾ほどの豆アジが釣れたので、いよいよ本命ポイントへ。 三又サルカンで40cm程のリーダー(5~7号)にカンツキセイゴ針の15~17号を結ぶ単純な仕掛け。ステイトは60cmほど。必ずハリスより長めに取ること。オモリは60~80号を…

続きを読む

2018年8月例会 ・・・ 宮津イカナイト

■開催日2018年8月4日(土曜日)午後6時出船 ~ 翌日午前1時帰港■場所・船宮津・若狭湾 伸栄丸■狙い剣先いか(マイカ)■参加者(敬称略)黒田、北村、笹井■幹事西田、笹井(西田氏は欠席)**************** 猛暑が続いていたこともあり会員の体調管理等も考えて今年例会は夕方から出船のマイカ狙いに的を絞った。(昨年までは朝から深夜までの超ロング釣行でした) 北村号に同乗させてもらい、午後5時過ぎ現地の港に到着 早々にタックルを船に積み込む今回は乗合便の利用ということもあり我々の他にも7名が参戦 午後6時、出船 出発! タックルを入念に準備中の黒田さん ポイントに向かう途中、 黒田さん、北村さん、そろってハイポーズ 景気づけに、乾杯! だんだん辺りも次第に暗くなってきました。そろそろ、やるかな・・・海面を眺める北村さん 日暮れ後は風も少しあり、暑くもなく、すごし安い ポイント到着アンカーを降ろしてスタートフィッシングポイントの水深は約60m 船長のアドバイスもあり水深20mラインを中心に攻める アタリはポツポツ・・・・ 北村さん、中型の剣先イカをゲット!おめでとうございます。 北村さんイカゲット 笹井にもアタリあり、まずは中型をゲット! 笹井幹事も食べごろサイズ 黒田さん、ゲット墨に注意しながらイカをはずしています 船長も、大きなイカをゲット!松ちゃんのグッドサイズ 船の灯りに誘われて来客・珍客多しカモメ、ダツ、アナゴ…

続きを読む

2018年7月例会 ・・・ 阿波哲ジギング

報告書7月例会は 徳島「阿波哲」にて 7/14に開催されましたが、当日は猛暑日の真っ只中で 尚且つ前週の西日本で水害が、広島、岡山、愛媛、の地区で多発し 多大なる被害を齎しました。そういう状況の中での例会でしたが、矢張り猛暑が連日に亘り、7人の侍?はへばる事無く、全員坊主無く ゲットしました。  怪鳥 先ず巨大なる サバをゲット   幸先良く 安東会員 美味しい カツオ   加藤会員 コウボウ美味しそう     血にまみれた サバの女王 笹井会員     ココロちゃんに 綺麗なホウボウ   又も 安東さん食べ頃サイズ 鯛   又、又 安東さん巨大なサーベル   幹事役の 茶谷君に貴重な サバ釣れました  同じく 幹事役 黒田にも ヤット ガシラ一匹    ハイ ポーズ 決まりました、ココロ   当日の 釣果一覧    懇親会は ヤマシゲで 美味しく頂きました  以上 黒田、茶谷

続きを読む

2018年6月例会 ・・・ 高松タイラバ

2018年6月例会・・・・鯛ラバ(髙松)6月例会幹事の當麻と寺内です。今回は寺内からはじめての例会レポートをさせていただきます。 【日程】2018年4月21日(土)5:30出船、14:30沖上がり 【船宿】香川県高松市庵治港(seven gods)http:// www.sevengods.com/ 【参加者(敬称省略、順不同)】當麻さん(幹事)加藤さん福田さん安東さん石毛さん寺内(幹事)(OPA!隊6名プラス乗り合い3名/合計9名で出船) 【状況】潮回り(中潮)潮時(干潮7時49分、満潮12時59分)日出(4時55分)天気(晴)気温(出港時17度、帰港時27度) 【月間MVP】石毛さん 【レポート】例会前夜は、前泊組の當麻さん、石毛さんとご一緒させていただき、明日への鋭気を養うため、親切な美女ドライバーさん運転のタクシーで、高松市瓦町の“汁の店おふくろ”へ。生ビールとハイボールで明日の釣運上昇を祈念して乾杯!小エビの唐揚げとサワラのお造り。アジの南蛮漬けは頭まで上手に揚げてあります。サワラの西京漬けも良い漬け具合。ビールがいくらでも入ります。石毛さんは愛車のキャンピングカー“マツダボンゴバン”で、千葉から8時間休憩なしで走ってこられたとのこと。石毛さんの釣りへの熱量にはいつも圧倒されます。釣り以外の話は一切なしの素敵に心躍る時間と、美味しい魚料理を堪能した後は〆の白ご飯とお汁。當麻さんは“そうめん汁”、石毛さんはメニューには載っていない“しらこ汁”、寺内は“鯛あら汁”。しみじみと美味…

続きを読む

アオリイカ 1.18kg(段野さん) & 1.82kg(田中浩美さん)

日時 2018年6月10日 午前5時頃場所 和歌山県印南町切目の波止魚種 アオリイカ 1.18㎏ロッド シマノ セフィアCI4 806MLリール シマノ エアノス2500XTライン PE0.8号リーダー フロロカーボン2号エギ デュエル EZ-Q 3.5号 ピンク現認者 田中浩美さん 昨年と同じ場所、ほぼ同じ時期、ほぼ同じサイズのアオリイカが釣れました。しかしその30分後、思いもよらぬ出来事が・・・   久しぶりに秋イカサイズを超えるイカを釣りました。 日時 2018年6月10日 5時35分頃場所 和歌山県印南町切目の波止魚種 アオリイカ 1825グラムロッド カラマレッティ 83MLリール サフィアci4ライン PE 0.6リーダー フロロ2.5エギ エギ王live3.5 グリーン現認者 段野隆弘 同行者は既に二杯釣ってるのにアタリも無く焦ってる時にドラグ音を響かせるファーストランで興奮しました。

続きを読む

2018年5月例会・・・九頭竜川サクラマス

2018年5月OPA例会実施報告 例会実施日 5月12日(土曜日)&13日(日曜日) 参加者(敬称略) 黒田、崎田、茶谷、笹井の4名 釣行場所 福井県 九頭竜川 ターゲット 桜鱒 報告者 笹井 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■5月12日(土曜日) 5時 崎田号で4名、千里中央を出発 吹田インターから名神に乗り、北陸道経由で福井 九頭竜川を目指す 現地に向かう途中、賤ヶ岳サービスエリアで朝食をとる しずがたけSAで朝食 朝食メニュー麦とろ定食 天気、ところどころに青空が見える 気温、早朝は少し冷えていたが、どんどん上昇していきそう 8時 福井到着 初めて永平寺を参拝する 今まで福井には何度も足を運んではいたが、いつも釣り場直行で参拝していなかった どうか釣れますようにとの願いを込めて・・・・ 朝早いこともあり他の参拝者は少ない 寺に入ると・・・ピーンと澄んだ空気、大きな杉の木立、杉木立の中の天地観音石像、講堂内の回廊・階段は掃除が行き届いてぴかぴ綺麗 参拝してよかったです 永平寺の門前にて 永平寺の庭園 9時 五松橋上流右岸に向かう 川は水量、濁り具合ともいいコンディション 五松橋上流風景 タックル準備 9時半 五松橋上流右岸(通称幼稚園前の対岸)でキャスティング開始 五松橋上流右岸オフサイド 黒田さんキャスト 老師の休憩 10時…

続きを読む

2018年4月例会 ・・・ 高松タイラバ

4月例会幹事の大崎です。例会実施報告をさせていただきます。   2日前に佐々木会長の「おとな釣りクラブ」の取材にて3人で60オーバー含め13枚との情報を得ており、好調を期待しての例会となりました。    【日程】2018年4月21日(土) 5:30出船、15:30沖上がり 【船宿】香川県高松市庵治港(sevengods)http:// www.sevengods.com/ 【参加者】   寺内さん   宮本 倫明さん(寺内さんゲスト)   尾形 愛さん(寺内さんゲスト)   當麻さん   石毛さん   加藤さん   大崎 合計7名    出船前の気合の入った1枚! 当日は晴天ながら6m程度の風があり海上では少し肌寒く感じる一日でした。 スタートからしばらくして石毛さんにヒット!パターンを試行錯誤しながらヒットさせていらっしゃいました。例会に飛行機とレンタカーで駆けつける気合と行動力、ぜひ見習いたいです!     左舷トモに釣り座を構えられた加藤さんの一尾です。後で場所を代わってもらったのですが同じ場所でやっても大崎には鯛は釣れませんでした。   加藤さんの2尾目はロクマル!この日の最大魚を幹事が釣りました!!當麻さんはマキマキ中です。 同じく幹事の大崎にはマゴチがヒット。鯛のヒットが底に集中していたので着底後にすぐ巻き上げずワンテンポおいてから巻くようにしたら釣れま…

続きを読む

2018年3月例会 ・・・ 九頭竜川サクラマス

参加メンバー:茶谷さん(新部員)、笹井さん、黒田さん、崎田 釣り場:福井県 九頭竜川 桜鱒遊漁区間_下流部九頭竜橋九頭竜上流〜上流部五松橋上流 タックル:トラウトロッド(スピニング用8〜9ft) ルアー:ミノー86mm~(フローティング、シンキング各種)、スプーン14g〜、バイブレーションetc. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■3月10日  福井豪雪「車1500台立ち往生」2月7日のニュースは皆さんの記憶にも新しいかと思います。2月に大雪が続いた当地は3月7〜8日と降り続いた雨と雪解けの影響で九頭竜川(中角)の水位は2.3mまで上昇した。(平常時80cm程度) それでも11日の日曜日はなんとかなるだろうとの覚悟で例会決行。 福井南条ICを過ぎた辺りで北陸自動車道の横を流れる日野川が見えてきた。 ダダ、カフェオーレ色の濁流(汗)。 九頭竜川に近づき、福井大橋から下流に沿って川の偵察。 お〜濁って増水ではあるがさっきに比べたら随分まし。うっすら緑色を感じる。 これなら、なんとかなるわ。 越前フィッシングセンターで皆の遊漁券を買い求め、 そんなかんなで準備を整え最初の入川地は九頭竜橋上流左岸。 釣行開始は11時前であった。 いざ入川開始!右端は今回入部初参戦となる茶谷くん      残雪の荒島岳を向こうに。水温7度。例年とそうかわらないかな。       黒田…

続きを読む

2018年度 総会を開催(於、口福家 HANARE)

2月17日は2018年度会員総会の日。 総会決議事項 2018年度規約(釣行計画含む)、メンバーリストは会員専用ページに掲載しました。 恒例により、まずは住吉大社さんへお参り。   祈祷の後、お神楽を奉納 玉串奉奠は佐々木会長と武知船長 直会でお神酒をいただきます。 第一本宮横にある綱を巻いたクスの木は横綱の起源だそうです 住吉さんによると、相撲の位はもともと大関までしかなかった。平安時代に携帯で開かれた神事「相撲会」に近江の国のハジカミという力士が出場、強すぎて誰も歯が立たないため、行事が神前のしめ縄をハジカミの腰に巻き「しめ縄をつかむことができた者が勝ち」という特別ルールを定めたが、結局誰も触れることができなかった。このしめ縄が横綱の由来だそうで、大相撲春場所前に横綱が携帯で奉納土俵入りをする際に、このクスノキにしめ縄を巻くのが恒例になっているそうです。 釣りの女神降臨!(「釣り女師」住田さん、「多幸屋」のこころさん、カンテレ村西利恵さん) 最後に最も古い大海神社にお参り。この参道の鳥居の間際がかつてはもう海だったそうです。 そして総会会場「口福家 HANARE」へ・・・ まずは新入会員ご紹介。黒田老師と同じマンション在住の茶谷さん 入会考慮中(準会員?)の豊さんもご挨拶 昨年10月例会から入会された寺内さん 「多幸屋」のこころさんも新入会決定! 寺内さんと同じく昨年10月に入会された広島の福田さんは…

続きを読む