真鯛81cm ・・・ 福田さん

2月4日玄界灘で(タイラバ)81㎝の鯛を釣りあげました。(5.1kg)現任者:マリブエクスプローラー 龍野船長ロッド:アルファテック TaiGame C68ML tailwalkリール:ダイワ シーボーグ200jPE:1号 リーダー5号使用タイラバ:ヘッド75gカラー:オレンジ+炎月 バクバクトレーラー 赤   

続きを読む

ブリ 11.7kg ・・・ 栗嶋神鰤

日時:2020年1月11日14:30 場所:出雲沖魚種:鰤(神鰤)サイズ:98センチ重量:11.7キロ船宿:幕島さん現認者:彰彦船長方法:ジギングコメント:最後の人流しでヒット??     ラッキーでした。

続きを読む

【特別寄稿】2019アラスカ・キングサーモン釣行

期間:2019年7月19日(金)~27日(土)場所:アメリカ・アラスカ州 <オーパ!とクラブ・オーパ!>開高さんの「オーパ、オーパ!!」を手にしたのは19の時でした。コスタリカ篇の「キ〇タマのある男ならターポンを釣りに行け」を真に受けて中米へターポンを釣りに行くなど、大学の4年間は開高さんの影響で海外釣行に明け暮れました。就職後に「Lure & Fly Fishing Club OPA!」に入会させていただいたのもクラブ名称に惹かれてのことでした。メンバーとサクラマスやアカメなど魅力的な魚を追い求め、またタックルの進化とともにこれまでルアーのターゲットではなかったアオリイカや鯛をエギングやタイラバで狙って釣ることに熱中しました。 開高さんがアラスカへ初めて釣行されたのが39歳、クラブの会長・佐々木さんがハリバット釣行に行かれたのが40代半ば。開高さんに縁のあるクラブのメンバーとして、私もそろそろアラスカ世代かな?ということで、長年夢見ていたアラスカ釣行を今年ようやく実現できましたが、「オーパ、オーパ!!」を読んでからちょうど四半世紀が過ぎていました。 <アラスカでキングは釣れない?> 近年、アラスカではキングが釣れなくて、ロシアへ釣りに行くアラスカの人もいるそうです。また、今夏のアラスカは猛暑で氷河や凍土が溶けたため、川は濁流と化し、雪代と共に遡上するはずのキングは、川のはるか下流で待機している状況でした。「オーパ、オーパ!!」を読んで知った、例年7月第2週ごろの巨大キングの…

続きを読む

2019年12月例会&忘年会 ・・・ 阿南阿波哲ジギング&タイラバ

朝日をバックに忘年釣行に向かうメンバーの雄姿(黒田さん撮影) 令和元年も押し詰まった12月14日、恒例の忘年例会を開催しました。 日時:12月14日~15日 6時集合、7時出船/16時帰港、19時より忘年会参加者:佐々木会長、加藤部長、黒田顧問、福田さん、當麻さん&弟さん、定籐さん(新入会員候補)、Sampei(記録)写真:黒田さん、佐々木さん、武知船長 幹事の林田さんが仕事の都合で急遽出席不可、また佐々木会長も仕事がはいって釣行は翌15日に変更で宴会からの参加となるハプニングからスタートした、波乱を予感させる忘年釣行。 7時に出船して最初のポイントは港から40分ほどの伊島沖90mライン。 青物ポイントだが、今年はフグが大量発生していてすぐにラインを切られるので要注意という船長のアナウンス。あわててジグを使い古しのに付け替えてシャクり始める。 ファーストヒットをモノにしたのは初参加の當麻さん(弟) その後しばらく流すも誰にもアタリなく、ポイント移動。今度はタイラバて底モノを狙ってみてください、という船長。狙いのポイントに行ってみると、既に別のボートが入っていたのでさらに少し移動して同じ90mラインでタイラバ。 船内のあちこちでヒット!の声。    本日のヒットタイム。アヤメカサゴにチカメキントキ 根魚のオンパレード  90mラインで何度かポイントを変えつつ流した後、深場の130mラインへ移動。 この時点で何も釣っていないのはSampeiと…

続きを読む

月間MVP途中経過

2019年月間MVP 途中経過 3月 サクラマス 川の深く胸元までウェーディングしながら最後まで健闘された松元会員 4月 高松(優勝丸)タイラバ この日2枚を狙って釣り上げた佐々木会長 5月 尾鷲(真祐丸)アジング  ?? 6月 高松(庵治)タイラバ 若手の参加を誘導していただいた加藤部長 7月 徳島・伊島ジギング&タイラバ 見事メジロ(の頭)をゲットした加藤部長 8月 宮津ダブルヘッダー 当日最大のタラをゲットした當麻さん 9月 当日最大のアコウをゲットされた笹井マスター 10月 台風のため例会中止 11月 120年パワーで良型シーバスをゲットされた笹井マスター

続きを読む

2019年11月例会 ・・・ 有田川シーバス&エギング

2019年11月例会レポート日時:2019年11月16日(土)15:30~22:00場所:和歌山県有田川周辺参加者:笹井さん、黒田さん、崎田さん、段野さん、田中さん(幹事)、結城(幹事、記) 11月は恒例となったキャスティング例会です。今年はシーバス、タチウオ、エギングなどを楽しむべく、参加者6名が、有田市のフィッシングモリタさんに集合しました。 今月に入って少し冷え込むようになりましたが、当日は微風、快晴。まずますの天候に恵まれましたが、お店によると状況は芳しくないようです。いつも通りの展開ではありますが出足を挫かれました。。。 笹井さん、黒田さん、崎田さん、私は有田川河口でシーバス、段野さん、田中さんはタチウオ・エギングに分かれ、さっそく行動開始です。 シーバス組は、明るいうちにポイントチェックを済ませ、箕島駅前で早めの夕食を取りました。この時点で例会報告ブツが無いことを想定した私は、夕食シーンを多めに撮影(汗)。ちなみに、笹井さんは願掛けでカツカレー。いま振り返ってみれば、神頼みでも釣ってやるという執念がその後の明暗を分けたかも? 真っ暗になった18時過ぎに安諦橋上流の中州からスタート。しかし浅い。笹井さん、崎田さんは早々に見切り、ベイトっ気があった安諦橋へ。 しばらく粘った黒田さん、結城も諦めて橋へ戻ると、笹井さんが何かを手に満面の笑み。 なんとこの厳しい状況で55センチのシーバスをキャッチされて…

続きを読む

アオリイカ 1.5kg ・・・ 福田さん

11月12日尾道のこだま観光、すなだ丸にて1.5kgのアオリイカを釣り上げました。現任者、すなだ船長。釣友 胡さん。ロッド:ダイワ エメラルダス AGS511ML-SMTリール:ダイワ スピニングリール エギング 16 エメラルダス 2508PE-DH (2500サイズ)PE0.6号  エギ:Tide Driftter ラトル入り3.5号 40g場所:宮窪町四阪島周辺    (愛媛県今治市)

続きを読む

創部30周年記念〝感謝の集い〟開催のご案内

本クラブとご縁のあった方々との語らいの場です。個別にご案内を差し上げますのでよろしくお願いいたします。 「橋の下をたくさんの水が流れた…」流れ去った長い歳月を振り返り、開高健さんはこのように綴ました。また、 「かくして魚のいのちは終わった。釣り人もやがて死ぬ。しかし、河は眠らない。」とも記しました。  本年12月、釣り人の心に沁みる多くの名言を残した開高健さんの没後30年を迎えます。私どもサントリーオーパ!は、開高健さんの本葬の日に産声をあげました。巨匠の天上とささやかな釣りクラブの誕生です。私共は開高健さんの釣り心を大切にするクラブにしようと誓いを立て、ルアーにこだわり、トラウトやバスに始まり、海の対象魚にジグや和製漁具の鯛ラバ・インチクの研究を深め、その可能性を探ってきました。30年の長きに亘りこのクラブが悠々と歩んでくることができましたのも、ひとえに皆様のご支援・ご指導の賜物です。  創部30周年を機に、サントリーオーパ!のOBの皆さまはもちろん、私どもとのご縁をいただいた皆さまと共に、語らいの場を設けることといたしました。お馴染みの「オーパ!」シリーズで開高健さんの料理人として大活躍をされた谷口 博之 教授に、在りし日の開高健さんのお話を伺います。記念品としてオーパ!30周年のTシャツもご用意させていただきました。ご多用中とは存じますが、何とぞご出席くださいますようお願い申しあげます。                                    令和1年11月1日L…

続きを読む

(番外編 餌釣り) ・・・ キハダ35kg×4本

キハダ 1日目:25kg×2本+15kg×5本で125kg    2日目:35kg×4本で140kg現任者 岡伸午氏場所:久米島パヤオ船:初日、琉真丸 二日目 由奈丸<タックル>ロッド:弁慶スタンディング リール:オシアジガー 5000 PE8号、リーダーナイロン170Lb餌:ムロアジ(切り身)、ふすま(パラシュート仕掛け) 久米島には2004年以降、通算10回くらい通ってますが、これだけ釣ったのは初めてでした。 2日目の釣果。5本のうち4本釣りました。

続きを読む