サワラ 3.8kg 80cm ・・・ Sampei

現認者:松岡成範氏   日付は2日の間違いでした。 詳細はこちらを参照           大物と言うほどではありませんが、明石でこのサイズはまずまずですね。 この直前に一本タモ入れ失敗でバラシ。ほぼ同サイズでした。   釣りたてのサワラの刺身は最高です。 すぐ冷凍しておいてタタキで食べる裏技もいいですよ (^^)V  

続きを読む

スジアラ(アカジン)

        申請者コメント:   大物賞に空きがあるとのことでしたので、基準に当てはまるかは解りませんが、初申請させて頂きます。 尚、魚は以前にもメーリスで送らせて頂いたものと同じです。   大きくなくても、「私の釣った魚の中で大きい」と捉えて下さいね(^^;)

続きを読む

2012年12月例会 ・・・ 徳島(阿波哲)の青物・アオリ

2012年12月忘年例会報告     H24.12.22.黒田   12月15~16日の2日間徳島阿南「阿波哲」に於いて開催された。   今回は直前の衆院解散選挙、ノロウィルス蔓延に寄る、不参加、キャンセルが続出し、1日目3名、2日目3名という寂しい例会になりました。   <15日> 15日の1日目は、前日からの低気圧の影響から、風、雨、波浪が高く出船が危ぶまれたが、雨も止み、ヤヤ遅めのAM7:00中林漁港を先発隊(笹井、崎田、黒田)、船長の友人(若人)3名を含め計6名で出港した。   先ず青物を狙うべく船は伊島沖を目指し、1時間荒波を蹴立て、ポイントに到着。   先ず定番ジグのS社「正宗」155gを投入するが、足元のバランスを取るのが、困難な状況下でもあるが「ジャーク」「シャクリ」「ハイピッチ」等を繰返すが、魚探にはベイトの反応が多く映っているもののヒットに至らず、時間が空しく過ぎてゆく。   やがて「舳」よりヒットの声待望の青物である。ハマチ(4kg以下)である。   暫くして、ツバス(ハマチサイズ)がヒットして来るようになり船内は活況を取り戻し、盛況になって来たが、一過性に終り静寂が漂い始め、船内では冷凍マグロ状態蒔絵師の船縁に寄り係り、だが気丈にもファイトを繰返しする猛者も有り。   PMの休憩は伊島の風裏で、アオリ、ヒラメ、甘鯛ポイント…

続きを読む