2015年11月例会 ・・・ 香川タイラバ

日 時:11月14日(土)場 所:高松市庵治「セブンゴッド」参加者:黒田部長、當麻さん、安東さん、高見さん。ゲスト:鯛ラバーズ・赤澤会長、シマノ・森脇さん。幹事・結城【はじめに】 高松沖で、そろそろ脂が乗り始めた美味しい大鯛を鯛ラバで狙った11月例会。11月といえば、鯛は深場へ移動を始め、そろそろオフシーズンとなる季節ですが、この時期は釣りをしやすい気候に加えて、鯛のストック量がハンパ無い瀬戸内ならむしろ好機ではないでしょうか。と、幹事は楽天的に考えておりましたが、例会当日の天気はあいにく曇りから雨となり、風波ともに強く、限られたポイントで粘りの釣りを強いられる厳しい展開となりました。さてさて・・・。【例会前日】 例会前日の大阪は既に雨。19時のNHKニュースでは、当日現地の天気は雨、しかも風速15メールの予報。半ば中止も覚悟しつつ、セブンゴッドに電話したところ、「風裏ならなんとか。昼から天気が回復するから、スタートを6時半から8時に遅らせよう」というお返事に一安心。    【さぁ、釣ったるで!】 当日朝7時半。雨上がりの庵治の港に参加者が集結。今年初セブンの私を除き、いずれも手練れの鯛ラバ師。とりあえず出港時は気合で雨雲を吹き飛ばし(でも波は高い)、期待マンマンで高松沖へ。皆がシルエットの小さい鯛ラバをセットしているので、「もう年末のサビキパターンなんかな」と思いながらも、私はオレンジ・カーリーネクタイにシマノのイカタコカーリー(ワーム)を付けたボリューム満点・カロリー重視の…

続きを読む