2017年9月例会 ・・・ 敦賀根魚企画

9月例会は、敦賀漁港から出船の遊幸丸での高級魚アコウ(キジハタ)狙い。メンバーは黒田、笹井両顧問、加藤部長、ボートオーナー氏、にっしゃん、幹事のSampeiとゲストのしんのすけさん。 豆アジを釣って、これを泳がせてアコウに喰わせる、いわゆるノマセ釣り。もちろんOPA!なのでルアーに拘る人はそれぞれの釣り方でタイラバ、インチクなどでも挑戦。 6時出船。でまず港の出口からほど近い浅場でサビキで餌のアジ釣り。これが意外と難しく、餌釣りだけで2時間ほど費やしてしまうこともあるらしい。 仕掛けは波止釣りで豆アジを釣るサビキ。アミエビのカゴは下に付けるタイプで、できればフタ付きの方が良い。水深は4,5mと浅いので、カゴについているオモリだけで大丈夫だが、仕掛けが落ちにくければ20号くらいのオモリを追加しても良い。 この日はあっさり釣れて30分ほどで一人平均20~30尾を確保。いよいよ越前沖の根魚ポイントへ移動。 このくらいあれば餌としては十分。 好転に恵まれて笑顔の加藤部長と黒田顧問 しんのすけさんとボートオーナー氏もいい笑顔です。 遊幸丸の泳がせ仕掛けはシンプル。ラインはPE1~3号、ハリスはフロロ7号 40~50cm、ステイト 5号60~80cm程度。これを三叉サルカンで結束するだけ。ハリはケン付き丸セイゴの15~17号程度。ハリス7号は根魚にしては太いが、たまに大きなヒラメが来たりするので保険ということ。オモリは水深に合わせて30号~80号。標準は60号くらい。で…

続きを読む