創部30周年記念〝感謝の集い〟開催のご案内

本クラブとご縁のあった方々との語らいの場です。個別にご案内を差し上げますのでよろしくお願いいたします。 「橋の下をたくさんの水が流れた…」流れ去った長い歳月を振り返り、開高健さんはこのように綴ました。また、 「かくして魚のいのちは終わった。釣り人もやがて死ぬ。しかし、河は眠らない。」とも記しました。  本年12月、釣り人の心に沁みる多くの名言を残した開高健さんの没後30年を迎えます。私どもサントリーオーパ!は、開高健さんの本葬の日に産声をあげました。巨匠の天上とささやかな釣りクラブの誕生です。私共は開高健さんの釣り心を大切にするクラブにしようと誓いを立て、ルアーにこだわり、トラウトやバスに始まり、海の対象魚にジグや和製漁具の鯛ラバ・インチクの研究を深め、その可能性を探ってきました。30年の長きに亘りこのクラブが悠々と歩んでくることができましたのも、ひとえに皆様のご支援・ご指導の賜物です。  創部30周年を機に、サントリーオーパ!のOBの皆さまはもちろん、私どもとのご縁をいただいた皆さまと共に、語らいの場を設けることといたしました。お馴染みの「オーパ!」シリーズで開高健さんの料理人として大活躍をされた谷口 博之 教授に、在りし日の開高健さんのお話を伺います。記念品としてオーパ!30周年のTシャツもご用意させていただきました。ご多用中とは存じますが、何とぞご出席くださいますようお願い申しあげます。                                    令和1年11月1日L…

続きを読む