【特別寄稿】2019アラスカ・キングサーモン釣行

期間:2019年7月19日(金)~27日(土)場所:アメリカ・アラスカ州 <オーパ!とクラブ・オーパ!>開高さんの「オーパ、オーパ!!」を手にしたのは19の時でした。コスタリカ篇の「キ〇タマのある男ならターポンを釣りに行け」を真に受けて中米へターポンを釣りに行くなど、大学の4年間は開高さんの影響で海外釣行に明け暮れました。就職後に「Lure & Fly Fishing Club OPA!」に入会させていただいたのもクラブ名称に惹かれてのことでした。メンバーとサクラマスやアカメなど魅力的な魚を追い求め、またタックルの進化とともにこれまでルアーのターゲットではなかったアオリイカや鯛をエギングやタイラバで狙って釣ることに熱中しました。 開高さんがアラスカへ初めて釣行されたのが39歳、クラブの会長・佐々木さんがハリバット釣行に行かれたのが40代半ば。開高さんに縁のあるクラブのメンバーとして、私もそろそろアラスカ世代かな?ということで、長年夢見ていたアラスカ釣行を今年ようやく実現できましたが、「オーパ、オーパ!!」を読んでからちょうど四半世紀が過ぎていました。 <アラスカでキングは釣れない?> 近年、アラスカではキングが釣れなくて、ロシアへ釣りに行くアラスカの人もいるそうです。また、今夏のアラスカは猛暑で氷河や凍土が溶けたため、川は濁流と化し、雪代と共に遡上するはずのキングは、川のはるか下流で待機している状況でした。「オーパ、オーパ!!」を読んで知った、例年7月第2週ごろの巨大キングの…

続きを読む

2019年12月例会&忘年会 ・・・ 阿南阿波哲ジギング&タイラバ

朝日をバックに忘年釣行に向かうメンバーの雄姿(黒田さん撮影) 令和元年も押し詰まった12月14日、恒例の忘年例会を開催しました。 日時:12月14日~15日 6時集合、7時出船/16時帰港、19時より忘年会参加者:佐々木会長、加藤部長、黒田顧問、福田さん、當麻さん&弟さん、定籐さん(新入会員候補)、Sampei(記録)写真:黒田さん、佐々木さん、武知船長 幹事の林田さんが仕事の都合で急遽出席不可、また佐々木会長も仕事がはいって釣行は翌15日に変更で宴会からの参加となるハプニングからスタートした、波乱を予感させる忘年釣行。 7時に出船して最初のポイントは港から40分ほどの伊島沖90mライン。 青物ポイントだが、今年はフグが大量発生していてすぐにラインを切られるので要注意という船長のアナウンス。あわててジグを使い古しのに付け替えてシャクり始める。 ファーストヒットをモノにしたのは初参加の當麻さん(弟) その後しばらく流すも誰にもアタリなく、ポイント移動。今度はタイラバて底モノを狙ってみてください、という船長。狙いのポイントに行ってみると、既に別のボートが入っていたのでさらに少し移動して同じ90mラインでタイラバ。 船内のあちこちでヒット!の声。    本日のヒットタイム。アヤメカサゴにチカメキントキ 根魚のオンパレード  90mラインで何度かポイントを変えつつ流した後、深場の130mラインへ移動。 この時点で何も釣っていないのはSampeiと…

続きを読む

月間MVP途中経過

2019年月間MVP 途中経過 3月 サクラマス 川の深く胸元までウェーディングしながら最後まで健闘された松元会員 4月 高松(優勝丸)タイラバ この日2枚を狙って釣り上げた佐々木会長 5月 尾鷲(真祐丸)アジング  ?? 6月 高松(庵治)タイラバ 若手の参加を誘導していただいた加藤部長 7月 徳島・伊島ジギング&タイラバ 見事メジロ(の頭)をゲットした加藤部長 8月 宮津ダブルヘッダー 当日最大のタラをゲットした當麻さん 9月 当日最大のアコウをゲットされた笹井マスター 10月 台風のため例会中止 11月 120年パワーで良型シーバスをゲットされた笹井マスター

続きを読む