2017年3月例会 九頭竜川サクラマス釣行

3月例会 九頭竜川サクラマス釣行
 
釣り日:3月11日,12日
 
参加メンバー:西田さん、黒田さん、崎田
 
釣り場:福井県 九頭竜川 桜鱒遊漁区間_下流部
天池橋〜上流部幼稚園前流域
 
タックル:トラウトロッド(スピニング、ベイト8〜9ftクラス)
ルアー:ミノー80mm~(F&S泳層各種)、スプーン14g〜、
バイブレーション

【3月11日】
 
大阪の自宅をAM5時半頃出発。
 
道路脇にまだ雪がのこる中間地点、賤ヶ岳SAで朝食タイム。
豚汁定食で腹ごしらえ。さあ福井へ向けGO!今回もトラウト釣り大好き
老師黒田氏と共に。

日帰り釣行の西田氏とは現地合流予定。
  


 
1.jpg
流域中見晴らしがよく、起点としやすい九頭竜橋上流へ。
 


降り立ったのは早9時をまわっていた。
中洲を挟んで合流する流れは申し分ない水量と複雑なヨレを見せる。
 
入川しやすくプレッシャーの高い場所だが桜ちゃんたちはきっと何
尾か潜んでいるにちがいない。
 
幸い朝のラッシュ一巡も終わった頃で人は少ない。


 
 
2.jpg
九頭竜橋上流左岸深場。その向こうがJR鉄橋

 
水温7℃。この時期としては普通かな。
 
中低層をおもにシンキング系ミノー、スプーン、バイブといろいろレンジ
を試しながら探って行く。
 
深いところで3mぐらいか?
 
2週前にここで粘っていた地元アングラーはミノー90mmシンキングであ
げている。
 
 
 
3.jpg
黒田氏は落ち込み直下を狙う。
 
 
 

4.jpg
 
 
 
少し上流の森田小学校前といわれるトロ瀬に移るが4〜5人の釣り下りの連
なりに入る間がむずかしい。
 
最下流部でちょろっとだけ試してみた。両白山地の雪化粧が美しい。
 
 
昼時となり、流域中間エリア8号線福井大橋付近の手打ちうどん店「新富」
で西田さんと合流。
ここの一押し、ボリュームたっぷりのモッチモチてんぷらうどん。

 

5.jpg 
だしがコクうま。西田さんは最後の一滴まで完食。



  
食後のコーヒーブレイクでなごむ。黒田氏持参、丸福のドリップパックが
定番。
  
  
6.jpg7.jpg
8.jpg
OPA!NEWロゴマークステッカー。開高さん、たのんまっせ!
 
 
 
 
 
9.jpg 
西田さん結節の図。ていねいに確実に、いざ後半戦へ。
 
 
 

10.jpg 
写真は今年の私達の新戦力ミノー、リッジ「デビルフラッター」。



ぷるぷると良く泳ぎ、平打ちも得意。アピール力があります。黒部川での
70cm超えの実績ルアーらしいです。
 
 
 
 
11.jpg
西田さん、押しの強い深場の流れを丹念に探る。
 
 
 
流速は早めでも変化があり、手前のテトラ帯が張り出し流しづらいが、
休んでた奴が緩流帯から飛び出してくる可能性もある。かも?
 
この後も日暮れまでキャストはつづくが何も起こることなく初日を終え、
西田氏と解散。
 
 
 
 
 
【3月12日】 
 
定宿の松岡サウナを5時前に出発。
  
再び朝まずめの福井大橋上流をめざす。
 
既に先行者が待機していたが、なんとか2番手で場所は確保できた。
 
勝山の山並みが白みはじめ、次第に朝焼けが川面をサーモンピンクに
染めあげていく。
 
一日で最も美しい時間帯、至福のキャスティングを開始する。
 
 
 
 

  
12.jpg
老師、会心のショット。今回釣行のメインイメージです。
 
 
 
 
   
 
13.jpg
対岸の雑木林に朝靄がたちのぼる。いそうな雰囲気が漂う。






14.jpg
老師のリーリングにも熱がこもる。
 
 

15.jpg
さらに上流の五松橋下流左岸へ。




はじめて下ってみたが底石も大きめで流れも太い、良い感じでした。

本日の最終ラウンドは未だ活性が聞こえてこない最上流部を偵察に行って
みる。




16.jpg
幼稚園前対岸。ネコヤナギの群生、春が息吹いている。
 
 
 
 
17.jpg
ダウンクロスにそろそろとスプーンのずる引き。
君のお出ましにはまだ早かったか?
 
 




そして、日も傾きとうとう時間切れ。釣りの神様は微笑まず。
 
「又来なさいや、その時はいつか突然やってきますよ」と言われてるよう
な・・・。
 
開高さんが気に入っていたタイの諺に「毒蛇はいそがない。」というのがある。
 
私もそんな実力者の精神にあやかりたい。
 
 
 
おしまい。

この記事へのコメント