2018年1月例会報告 尾鷲スーパーディープアジング

1月例会幹事の大崎です。例会実施報告をさせていただきます。冬の海としては比較的穏やかな状況で全員安打を達成することができました。幹事としては不慣れな点も多く皆様に助けられながらの例会となりましたが、事故もなく無事に例会を終えることができ良かったと思います。

【日程】2018年1月13日(土) 16:30出船、23:00沖上がり
 
【船宿】尾鷲 真祐丸 
http://www.za.ztv.ne.jp/sinyuumaru/

【参加者】
  佐々木さん
  黒田さん
  豊さん(黒田さんゲスト)
  加藤さん
  田中浩美さん
  北村さん
  段野さん
  大崎 合計8名

【例会概要】
 ・概略行程 : 16:00現地集合 → 16:30出船 → 23:00頃沖上がり、帰港・現地解散
 ・タックル例
  ロッド:硬めのタイラバロッド(錘40号まで)に小型ベイトリールまたは電動リール
  ライン:PE0.8号前後 200m、リーダー フロロ3~4号
  アジ :リーダーの先に0.4~0.6g前後のジグヘッド
       太軸フックだと口切れによるバラシ軽減
      ジグヘッドの上5~40㎝から枝糸をだし錘を結ぶ
       ハーフヒッチで結ぶと長さ調節可能
      錘とジグヘッドは干渉しないよう離しておくほうが良い(船長談)
      天秤を使って干渉しないよう工夫するのも有効
      ワーム3inch程度 海毛虫など
       カラーによっては先にスルメイカに齧られることも
  イカ :イカメタル8~15号(又は錘~60g)、スッテ及びエギ2.5号
 ・その他:氷は各自で用意 高速出口すぐの釣具屋(エサ市場)で購入


・釣行記
  出船時にはウネリ、風ともに穏やかで、船長は慎重にポイントを選び、水深80mラインでアンカーを打ち釣り開始となりました。
 
1.jpg
 
船中第1号は黒田さんゲストの豊さん、初心者と仰っていましたが美味しそうなチカメキントキを見事ゲット!このあとアジもしっかり釣られていました。



2.jpg

暗くなりライトが効いてきてからはアジのヒットが出始めました。
段野さんはジャッカルのワームなど色々と試して数を伸ばされていました。サバも釣られていましたね。
 
3.jpg
 
時合がくればダブルヒット、トリプルヒットも。
私(大崎)は佐々木会長の横で釣り方を教えていただきました。ディープアジングは初挑戦でしたが魚の顔が見れて一安心です。私が試した中では34(サーティフォー)のメデューサ2.8inchのクリア系のカラーにヒットが集まりました。ラメ入りの反射の強いものはアジより先にスルメイカに齧られてしまいました。

4.jpg
  
佐々木会長はさすがの連発です。この釣りはタナ取りが重要なようです。
 
5.jpg

この日は黒田さん絶好調!オコゼ、ガシラ、チカメキントキの多彩なゲストもまじえながらアジを連発。隣で釣っている私には来ません。この日は魚の群れが黒田さんに付いていました。
 
6.jpg
 
途切れることなくアジを釣ります。黒田記念日です。
 
7.jpg
 
皆さん順調にヒットを重ねていきます。加藤さんと田中さんはスッテも駆使してスルメイカを連発!この日はイカの活性が高く、リグが沈まないこともよくありました。
  
8.jpg

もちろんアジもしっかり釣ってらっしゃいます。加藤さんにナイスサイズ!
  
9.jpg
 
田中さんにもグッドサイズ!
  
10.jpg
  
北村さんも後半連続ヒット!全員安打達成です!!
  
11.jpg
  

 
帰港後は岡船長に集合写真を撮っていただき、解散となりました。
佐々木会長のフィッシュグリップじゃんけんは岡船長が勝ち抜いて獲得権を取得されたのですが、2番だった私に譲ってくださいました。KY幹事で申し訳ございません。船長によると9月~11月が数、型ともにベストシーズンだそうです。また挑戦したいと思います。皆様お疲れさまでした!
 
12.jpg

この記事へのコメント