2018年3月例会 ・・・ 九頭竜川サクラマス

参加メンバー:茶谷さん(新部員)、笹井さん、黒田さん、崎田
釣り場:福井県 九頭竜川 桜鱒遊漁区間_下流部九頭竜橋九頭竜上流〜上流部五松橋上流
タックル:トラウトロッド(スピニング用8〜9ft)
ルアー:ミノー86mm~(フローティング、シンキング各種)、スプーン14g〜、バイブレーションetc.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■3月10日 
福井豪雪「車1500台立ち往生」2月7日のニュースは皆さんの記憶にも新しいかと思います。2月に大雪が続いた当地は3月7〜8日と降り続いた雨と雪解けの影響で九頭竜川(中角)の水位は2.3mまで上昇した。(平常時80cm程度)
それでも11日の日曜日はなんとかなるだろうとの覚悟で例会決行。
福井南条ICを過ぎた辺りで北陸自動車道の横を流れる日野川が見えてきた。
ダダ、カフェオーレ色の濁流(汗)。


九頭竜川に近づき、福井大橋から下流に沿って川の偵察。
お〜濁って増水ではあるがさっきに比べたら随分まし。うっすら緑色を感じる。
これなら、なんとかなるわ。
越前フィッシングセンターで皆の遊漁券を買い求め、
そんなかんなで準備を整え最初の入川地は九頭竜橋上流左岸。
釣行開始は11時前であった。


写真1_いざ開始.jpgいざ入川開始!右端は今回入部初参戦となる茶谷くん



content.jpg  


 

写真2_残雪の荒島岳 .jpg残雪の荒島岳を向こうに。水温7度。例年とそうかわらないかな。

 

 

 

写真3_九頭竜橋_黒田氏1.JPG黒田さんリーリング開始。



写真4_九頭竜橋_残雪の絶壁.jpg2月の豪雪を物語る雪捨て場の絶壁。

 

 溶けて崩れてきたら恐い!(このカットは一週間後の撮影)

 

 


2時間が経つが異常ナシ。


ランチは定番、「新富」の天ぷらうどん、豊かなだしの風味とツルッツルもちもちの麺とボリューミイな天ぷらで満腹に。


五松橋にほど近いフライショップで黒田氏注文のSIMMSジャケットを引き取りに。コーヒーを頂きながら豪雪時期の苦労話を聞く。ほんのすぐ近くまでの灯油買い出しに渋滞で往復2時間かかったとか。


後半戦は福井大橋上流右岸お立ち台付近へ。
ここもなんとか釣りになるぐらいの太重たく、早い流れ。
好ポイントは先客で埋まってはいたのでその上下に分かれた。







写真5_お立ち台_笹井氏.JPGリーリングに集中する笹井さん



写真6_黒田氏ラインシステム組み直し_.jpgシステム組み直しの黒田さん

 

写真7_集中する茶谷君.jpg茶谷くんもがんばる

 

 

そして何事もなく夕暮れが訪れた。

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■3月11日 
定宿、松岡サウナ、夜明け前5時半出発。
最初の入川エリアを高速上流左岸流れ込みに絞った。
瀬頭にいた2人組の先行客に続き順番に入川。水温5°

 

 

写真8_朝一番高速上流_茶谷君.jpg朝一番は期待が高い、茶谷くん熱が入る



写真9_朝一番高速上流_黒田氏.jpg晴れてきた。雰囲気は悪くない。


すっかり日も昇り
だれにも反応ないまま早10時。


下流へ移動。福井大橋側で早めのランチ。
スーパーで箸を確保し忘れたので、
急遽、傍らの田んぼの畦から枯れ草の茎を調達。




写真10_笹井氏作成の手製ばし.jpg笹井さんがナイフで削り手製箸完成。


 

 


午後からの後半戦


福井大橋上流、通称お立ち台付近、濁りは大分取れてきたが、水位は高めで流速も早い。。



写真11_福井大橋上流_笹井氏.jpg人気ポイントを対岸から見る。 左から2人目が笹井さん 


写真12_福井大橋上流の流れ_2.jpg流れをまたいで行く。桜は確実にこの流れを上っていく。

 

どこかのタイミングで。
そこに遭遇するのが難しい・・・




写真13_福井大橋上流の流れ_1.jpg大幅に伐採された今年の九頭竜川流域において とても貴重に感じる雑木林。




写真14_福井大橋真下.jpg私は福井大橋下流真下の淵へ移動。



先行者がかなり粘られた後に入れ替わった。


写真15_福井大橋真下_バイブレーション.jpgディープミノー系でやられていた様子だったのでバイブレーションから試した。




写真16_呆然とする茶谷君.JPG反応を得られず、左岸に戻ってきた。 茶谷くんもやや呆然か?




 

そうこうしてるとティムコ・プロスタッフの広瀬弘幸さんが通りかかり声を掛けてこられた。
「今年はかなり遡上数が少ないみたいだね」とのこと。本人は1週間ほど前に丁度この場所で今シーズン一本目となる63cmをキャッチされたので余裕。手に持つタックルもその時のスピニングからベイトのABUに変わっていた。ま、地元を代表するアングラーと話が出来て良かった。


夕方もさしかかり、今回は何も起こらず(今回もか)ここらへんで納竿となった。

写真17_上州屋のサクラマス剥製.JPGこんな子に会えるのはいつの日か。


 
次回に希望を託して・・・(上州屋新福井店にて)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上おしまい

この記事へのコメント