2019年11月例会 ・・・ 有田川シーバス&エギング

2019年11月例会レポート
日時:2019年11月16日(土)15:30~22:00
場所:和歌山県有田川周辺
参加者:笹井さん、黒田さん、崎田さん、段野さん、田中さん(幹事)、結城(幹事、記)

11月は恒例となったキャスティング例会です。今年はシーバス、タチウオ、エギングなどを楽しむべく、参加者6名が、有田市のフィッシングモリタさんに集合しました。


今月に入って少し冷え込むようになりましたが、当日は微風、快晴。まずますの天候に恵まれましたが、お店によると状況は芳しくないようです。いつも通りの展開ではありますが出足を挫かれました。。。

笹井さん、黒田さん、崎田さん、私は有田川河口でシーバス、段野さん、田中さんはタチウオ・エギングに分かれ、さっそく行動開始です。










シーバス組は、明るいうちにポイントチェックを済ませ、箕島駅前で早めの夕食を取りました。この時点で例会報告ブツが無いことを想定した私は、夕食シーンを多めに撮影(汗)。ちなみに、笹井さんは願掛けでカツカレー。いま振り返ってみれば、神頼みでも釣ってやるという執念がその後の明暗を分けたかも?


20181117_191120_0029.jpg20181117_191120_0026.jpg

20181117_191120_0028.jpg

20181117_191120_0027.jpg



真っ暗になった18時過ぎに安諦橋上流の中州からスタート。しかし浅い。
笹井さん、崎田さんは早々に見切り、ベイトっ気があった安諦橋へ。


20181117_191120_0030.jpg

しばらく粘った黒田さん、結城も諦めて橋へ戻ると、笹井さんが何かを手に満面の笑み。



なんとこの厳しい状況で55センチのシーバスをキャッチされていました。

20181117_191120_0022.jpg

20年前のルアー「シーバスハンター」に、30年前のライジャケ、御年〇歳の合計120年パワー?で、見事本命をキャッチされました!開始前から惨敗を覚悟していた幹事としては、釣果があって一安心です。



タチウオ・エギング組は、スタート直後にタチウオのプチラッシュがあったものの、時合が短く、エギングタックルからの切り替えが間に合わなかったそうです。ラン&ガンされて由良周辺まで足を延ばし、ワインドで肩が張るほど目いっぱい竿を振られたそうですが、残念ながらタイムオーバーとなったようです。

参加者は22時にファミレスに再集合。省みること山盛りの反省会は2時間ほど続きました。。。


20181117_191120_0021.jpg



今回のMVPは全員一致で笹井さんに決定です。なお、幹事の勝手で崎田さんを準MVP?に推挙したいと思います。
理由は、笹井さんがシーバスをキャッチするまでの冷や冷やファイトシーンを3枚の連続写真で撮影されたからです。
笹井さんがどこからどう釣られたのか。皆さん、崎田名カメラマン撮影の3枚の決定的瞬間からご想像ください。


20181117_191120_0025.jpg


20181117_191120_0024.jpg

20181117_191120_0023.jpg



・・・ 加えて、崎田さんは、帰路でお巡りさんとちょっとコミュニケーションするご愁傷さまなこともあったようですので。

さて、今回のキャスティング例会も、厳しい状況ながら釣りクラブらしく何とか魚の画を押さえることができました。
参加してくださった皆さん、お疲れ様でした!

以 上

この記事へのコメント