2007年11月例会報告(由比トーナメント参加)

夜の深海ジギング@由比トーナメント2007が、開催されました。我々チーム「OPA!」として、杉浦・三上・ゲスト参加の松田氏の三人で参戦!対象魚は、バラムツ・アブラソコムツ・メカジキの3種。 出船前の気合い入った(壊れた)3人です。とっとと船に乗り込み出撃!午後5時半スタートフィッシング。 もう暴れる(壊れる)しかない!開始早々に杉浦がヒットしたアブラソコムツは15キロ級。参加者すべてにヒットも10キロ級と小振り。そして、松田氏にヒット!少し大きそうだ!とりあえず松田氏のバラムツを検量するが…17キロでした。 全員、男の釣りを見せましたが、審査が23キロオーバー対象でしたのでノーエントリーに終ってしまいました。 実行委員長の今川 昇さんの手際良い司会進行で無事に大会終了となりました。余談として、バラムツ・アブラソコムツは食品衛生法により「販売・流通」は禁じられてます。TV何かで旨いらしいけど、超下痢になるらしいです。 しかし、帰路の私のクーラーには、なぜか?バラムツが…釣友が引き取りに来て「これ、超旨い!」と連絡が有りましたが、その後の連絡が有りません!ちゃんと生きてるのかな〜【使用タックル】・シマノ ブルーローズS537R・ステラ8000HG・PE6号リーダー130ポンド・静岡県由比・11月3日・ルアー+デッドベイト・天気晴れ【補足データー】入賞とは別にメロンも有りましたが残念ながら貰えませんでした。 OPA!ほかトロバコモンキーズAチームと船が一緒になり、結局かわむら・藤橋・前田…

続きを読む

2007年10月例会報告(淡路島ショアキャスティング)

ショア青物が好調な淡路島へOPA!の西田、杉浦、ふじはし の3名で出撃!未明からポイントに入りヘビーウエイトミノーで攻める。いま最も熱い青物ポイントだけにテトラ上は超満員。 正午前。右手150mに巨大なベイトボール出現! ときおりボイルも発生!相変わらず超満員のテトラ帯は竿を入れる隙などないが、見るだけでもと150m移動。 ゆっくりと移動するベイトボールを迎え撃てる場所に陣取り、チャンスを伺う。散発するボイルにピンテイルチューンを叩き込むがなかなかヒットには至らない。何度か空振りの後、回収巻きのテトラ際でメジロがヒット。強竿&高ドラグであっけなく寄せた為にランディングで苦戦したが3キロ級げっと。杉浦もツバス級をゴボウ抜きでゲット。最近、まったく縁の無い青物をショアから。しかもミノーでキャッチできて大満足。休まずボイルを探し魚の動きを読んでミノーを叩き込むとまたまたヒット!竿ごと一気に持って行かれ、危うく海に飛び込みそうになる。2尾目は一発でランディング成功。サイズは4キロ弱だがタックルが強いのでテトラ際の攻防も余裕。目の前に広がるベイトボール。ボイルはだんだん派手になるがエサが多すぎるのかルアーには喰ってこない。ボイルに頼らず、ベイトボールが乱れた辺りにミノーを通すとまたまたヒット!3尾目はブリブリに超えたメジロ。ちょっと腰痛いかも。。。もう魚要らん!と撤収開始。チヌ用のストリンガーに3尾のメジロを通し右手に強竿。左手にメジロでテトラを登る。「お、重い・・・」と思った瞬間。「ブチッ!」と音がしてス…

続きを読む

2007年9月例会報告(淡路・沼島ジギング)

OPA9月例会は、先月に続き、淡路土生山田マーリンの2匹目の鯛を狙いに、5名の荒武者が馳参次ました、淡路PCにAM 5,30集合 ヤヤ風は有るものの、雨が心配される空模様である今回が今年3回目の淡路通いの者もみ受けられる、【3度目の正直】 GETなるか、返り打ちの【3日坊主】に成るか 宿命の別れ道事前情報【 鯛、ポチポチ】【青物ポチポチ】【アオリポチポチ】お土産【淡路蛸】確定 6時40分出船 水仙沖 【青物ポチポチ】ポイントに到着、釣り始めの【アキチャンコール】音沙汰無し矢張り何時もお土産釣る 幹事役 ナオキ氏 ファイト開始矢張り 淡路名物【鱛】見られないようにリリース 書生は、淡路鉱物資源資料のサンプリング付着生物採集、�会員植物採集 、老鯛師やおら最終ウエポン【ラヴァー付き、サビキ】鯵連チャンチョイトきがひける、釣法老師曰く(餌釣りチャウ)【青物ポチポチ】 【鯛ポチポチ】反応無し【アオリポチポチ】に移動土生港右岸岸より、先程のナオキ氏強く、アオリGETサイズは【キロ手前クラス】流石強運、日頃の精進が反映している、暫くの沈黙だが、又もや強運氏又もGET, ヤヤ小振り、又もや沈黙 船首に移動陣取られし、今回一睡もしない、老師 いつのまにか、一杯GET 坊主逃れの強運 最後にナオキ師追い討ちの追加有り、竿頭、昼食無料招待おめでとう、3日坊主他 常連様に【お土産の蛸 2杯】 最後に『アキチャンアリガトウ』 好いおとしお 次会のリベンジを期し散会としました…

続きを読む

2007年8月例会(淡路沼島ジギング)

OPA8月例会報告                  実施日: 2007年8月18日(土)淡路島:土生港より出船し、沼島・鳴門周辺で釣行参加者(敬称略):黒田部長、林、加藤、橘高、西田、北村、黒田祐介(入会検討中:サンモアテック)、北村友人5名(しんのすけ、鉄砲玉師、しゃぶちゅう、大物釣り師、Hasser)、笹井の合計13名脱帽!pm2:00頃、解散して、土生港を後にした。安全運転で・・・皆さん、ご苦労さんでした。 記録:笹井 17日、明日の天気予報を確認する。台風接近もなく、高気圧に覆われて問題なし。参加者13名に、明日は予定どうり実施する旨、笹井からメール発信。18日、AM5:30に淡路サービスエリアに全員集合する。皆さん、予定どうり集合。一路、土生港を目指す。AM6:30,土生港の山田釣具店に到着。山田さん、アキちゃん、お久しぶり!よろしくおねがいします。早々にタックルを準備して北村チーム6名とOPA!正規軍団7名(黒田、林、加藤、西田、黒田祐介、橘高、笹井)で2隻に分乗する。豪華商品?昼飯をかけて、一匹長寸のチーム対抗戦をすることにした。サー・・・・がんばろうぜ!!am7:00出船。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下は黒田部長チームの記録(笹井記)快晴で、船上、とにかく暑い・・・・皆さん、元気に、がんばっている。何か、つれないかな・・・林さんが、かぶらで釣っていたが、ロッド先に生体反応あり。何か、つれたか・・・・あがってきました・・・赤いやつ・・・おいしいガ…

続きを読む

2007年5月度例会(宮津ラン&ガン)

5月例会報告日時:2007年5月19日場所:宮津周辺参加者:佐々木会長、三上部長、藤橋、杉浦、前田ターゲット:コチ、尺メバ?<プロローグ>今年から5月例会がメバルになった。毎年この時期はコチやらヒラメやらであるが、メバリンピックが5月末まで延長されたことを受けての変更?となれば狙いは尺のみ、中山氏の34cm独走態勢を阻止するためにはあそこしか無い!そう本州最南端の地、南紀でんがな!しか〜し!ダブル低気圧の発生で、太平洋上と日本海の両方に低気圧がおる!逃げの日本海か?本命の南紀か?風向きを考えると南紀はオフショアなので波は無さそうだが、いかんせんそこは太平洋!なめたらアカンぜ!太平洋!なのである。丹後は低気圧の進みが速ければまともに荒れそうだが、どちらも行ってから「ヒラスー狙いやんけ!」となるリスクを考えると、足代、時間、気力共に少しは優しい日本海にすることをぎりぎりまで複数の天気情報とにらめっこしつつダメダメながら決めたのであった..よ。<本編>さて、前置きが長くなったので本文は軽く?行きますわい。狙いはコチ!天候が持てばその後メバル狙い、とした。昼過ぎ宮津マクド集合、順次男の仕事を済ませてから天の橋立へGO!コチでコチコチになろうという魂胆であるが、いきなり鮎釣師ハケーン!!気合か? この気合が空回りしようとはこの時一人として知る由も無い。思っていた以上に天気ワッルー!寒いし、風強い、雨降るしで、心が折れそうである。いや、何度か折れた。ほんでまた、釣れんがな!と、いきなし隊長ヒット〜!?やはり、…

続きを読む

2007年4月度例会(九頭竜川サクラマス)

4月7日:九頭竜川サクラマス例会参加者:黒田部長、三上副部長、藤橋幹事、松元3月に引き続き、例会は九頭竜川のサクラマス。急激な減水で、非常に厳しい結果が予想される。 某サイトで話題のちくわパンを捜索するミカリンこの日は午前7時に満潮を迎えることもあり、下流の高屋橋周辺がベストポイント。しかし前日に70オーバーがキャッチされていることもあり、場所取り合戦必須。ここへは、三上副部長と藤橋幹事が乗り込んだ。黒田部長は、中流の8号線下流へ入ったらしい。しかし、午後3時頃に一足先に帰路についたため、顔を合わせた者はいない。 ハタヤの対岸ではビデオ撮影中。当然、釣れてません。混雑を嫌った私は最上流部のハタヤ付近に。あまり釣果が出ていないため、完全貸し切り。午前7時前、高屋橋付近で一本キャッチされたとの連絡。それ以降、沈黙の九頭竜川。午後3時過ぎ、私のロッドにアタリが。水中でギラリと光り、ドラグが鳴る。半信半疑ながらランディングに入ると、ニゴイのスレががり。さらに午後6時前、ヒットと同時にドラグが鳴り響く。今度こそ、・・・ニゴイのスレでした。 最初のニゴイ結局、今回も狙いの魚は上がらずじまい。

続きを読む

2007年2月例会(淡路島メバル)

■開 催 日:2月17日(土)〜18日(日)■開催場所:淡路島■対 象 魚:メバル(当日最大魚23cm/三上)■参 加 者:黒田、笹井、三上、高見■報告内容: 2月17日(土)14:00、悪天候にメゲない猛者が淡路インターへ集結し例会スタート。 まず保養所がある洲本へ向い、チェックインを済ませ、しばし準備を兼ねて作戦会議。 猛者2名は、風呂上りの温泉卓球を楽しんでいる・・・と、思いきや!!次の瞬間・・・「どんがらガッシャーン!?」と鳴ったかどうかは定かではないが、隣接している鉢植えが無残な姿に・・・(どうやらエキサイトして激突?)   老体2名が床掃除をしている・・・(自宅で鍛えられているのか妙に手際がいいぞ) 風呂上りにたまたま通りがかった三上&高見も目を疑ったが、床掃除に参戦。  さすがである。過去、さまざまな伝説を生んできたOPAきっての重鎮!! 強烈な存在感を、今回もみせつける!!(笑) さて、食前の予期せぬ出来事だったが、ウォーミングアップを終えたところで、恒例の淡路の幸を堪能した。 そしていよいよ出撃。天候回復の見込みもなかったため、近隣の洲本港へ向かった。 今回は、天候が悪かったためセクシーポイントは断念したが、オッサン4名は何故か気合十分。  当日は、風も無くメバルには最高のコンディンション。(尺メバふぉー!!) といいたいとこだが・・・ 外向き堤防の先端までたどり着けないぐらいほどの爆風が吹き付ける。おいおいおい・・・ それでも猛者達は、風裏を探しながら黙々とキャストを続ける。す…

続きを読む

2007年3月度例会(九頭竜川サクラマス)

釣行地:九頭竜川対象魚:サクラマス参加者:三上副部長、幹事代行藤橋欠席者:佐々木会長、黒田部長00:15 三木市の自宅を出発01:35 京都市内の集合場所到着。三上副部長にメール。02:00 集合時間に三上副部長現れず。電話掛けるも出ない。02:20 ラーメン屋に移動。三上副部長電話に出ない。02:30 ラーメン屋を出発。単独で福井へ向かう。04:15 三上副部長から電話 「す、すみましぇ〜ん!!」05:28 九頭竜川到着06:00 釣り開始。 07:20 睡魔に負けて車内で仮眠。三上副部長ようやく福井入り。09:00 三上副部長の野立てグッズにてコーヒー休憩。09:30 釣り再開。やや下流で釣果報告多数あれど我々にアタリ無し。12:00 三上副部長の野立てグッズにてカップうどん昼食。16:00 爆風に追われて上流へ移動。外気温2.9度でウエーディング敢行。18:00 吹雪に負けて退散。帰路につく。19:40 マキノ町にてラーメン。22:10 帰宅走行距離:524.2km平均燃費:15.4km/L(帰路にて計測)高速料金:4750円おみやげ:塩荘「荘兵衛さんの鯖街道極上焼きさば寿し」と言う訳で無事終了。結果は「想定の範囲内」でした・・・。記録:幹事代行藤橋

続きを読む