【特別寄稿】2019アラスカ・キングサーモン釣行

期間:2019年7月19日(金)~27日(土)場所:アメリカ・アラスカ州 <オーパ!とクラブ・オーパ!>開高さんの「オーパ、オーパ!!」を手にしたのは19の時でした。コスタリカ篇の「キ〇タマのある男ならターポンを釣りに行け」を真に受けて中米へターポンを釣りに行くなど、大学の4年間は開高さんの影響で海外釣行に明け暮れました。就職後に「Lure & Fly Fishing Club OPA!」に入会させていただいたのもクラブ名称に惹かれてのことでした。メンバーとサクラマスやアカメなど魅力的な魚を追い求め、またタックルの進化とともにこれまでルアーのターゲットではなかったアオリイカや鯛をエギングやタイラバで狙って釣ることに熱中しました。 開高さんがアラスカへ初めて釣行されたのが39歳、クラブの会長・佐々木さんがハリバット釣行に行かれたのが40代半ば。開高さんに縁のあるクラブのメンバーとして、私もそろそろアラスカ世代かな?ということで、長年夢見ていたアラスカ釣行を今年ようやく実現できましたが、「オーパ、オーパ!!」を読んでからちょうど四半世紀が過ぎていました。 <アラスカでキングは釣れない?> 近年、アラスカではキングが釣れなくて、ロシアへ釣りに行くアラスカの人もいるそうです。また、今夏のアラスカは猛暑で氷河や凍土が溶けたため、川は濁流と化し、雪代と共に遡上するはずのキングは、川のはるか下流で待機している状況でした。「オーパ、オーパ!!」を読んで知った、例年7月第2週ごろの巨大キングの…

続きを読む